外壁塗装で住宅のメンテナンス|塗装で家のバリケード

女性スタッフ

素材で塗料の効果が変わる

塗装作業員

外壁塗装を塗り直す際に活用されることの多い、ウレタン塗料は塗料でも価格が安いため人気のある塗料です。埼玉の外壁塗装工事に活用されるだけではなく、高級家具に使われることのある、塗料だけに壁の景観を華やかに見せる効果があるといわれています。このウレタン塗料の最大の特徴が壁との密着性です。壁に密着する塗料のため、剥がれにくく汚れに強い塗料といわれています。ただ、汚れに強い塗料のウレタン塗料ですが、耐久年数が約6年と短く、他の塗料に比べると塗り直しが必要になることも多いです。ただ、ウレタン塗料は光沢を持つ塗料のことから、高級感のある住まいの外壁にも活用されています。この塗料は、紫外線を受けると変色しやすいといわれているため、埼玉の外壁塗装業者とよく話し合って活用するか決めることが大切です。

アクリル塗料やシリコン塗料と塗料に使われる素材は多数ありますが、塗料は主成分で分けることもできます。塗料の主成分は2つに分けられ、水と溶剤により分けられます。それぞれ効果が変わってくるため気をつける必要があります。水が主成分の塗料を水性塗料といいますが、この塗料は匂いも弱いことから塗りやすいと埼玉で評判です。溶剤が主成分の塗料を油性塗料といいますが、この塗料は耐久性の高さから塗り直す手間がほとんどかからず、一度の塗装効果を長く得たい人に向いている塗料です。塗料の主成分によって値段が変わってくることもあるため、埼玉の外壁塗料業者に頼み、住まいにあった塗料を活用してもらうことが大切です。